24
12月

しっかりした対策が必要!地道に探すこともある

都合の悪い書き込みを見つけて削除を依頼

インターネット上には多くの情報があります。勘違いしやすいですが、すべてが正しいわけではありません。正しい情報もあれば間違っている情報もあります。また、以前は正しかったけども今は間違っているなどもあります。風評被害が発生するときとして、間違った情報がどんどん拡散してしまうことがあります。まずは都合の悪い書き込みがあるかを見つけることが大事です。知らないうちに広がる可能性があるからです。見つければ、表示している人に削除を依頼します。

書き込みの特定者を見つけて損害賠償請求

個人であったり会社などの団体に対して、一方的な意見を書き込まれれることがあります。風評被害といわれ、広がることでイメージが悪化することがあります。団体によっては、利益などが大きく減ることもあります。この時の対策として、書き込みをしている特定者を見つけて損害賠償請求することがあります。大元の発信者は限られていることがあり、その人からの発信を止めることで拡散を抑えられる場合があります。通信会社などに協力を求めます。

検索エンジンから現状を把握する

あることを知りたいときに検索エンジンを利用することがあります。すると多くの情報が出てきます。意味を知ることが出来るサイトから、通常では知りえない情報が記載されていることもあります。風評被害対策として、検索エンジンを利用してチェックすることがあります。社名などを入力すると、その社名に関わる記載のあるページが表示されます。問題があれば、削除してもらったり、修正してもらいます。定期的に行う必要があります。

企業の風評被害対策には、根拠無き悪評の削除や風評発生の事前監視が欠かせなくなっています。対策事業者においては、24時間の監視ツールや弁護士依頼を含めた相談サービスを提供するケースが増加しています。